food

ひじきが腸を整える。ひじきを使ったおいしいサラダ。

こんにちは、mimiです。

いつもありがとうございます。

乾燥ひじきを買いました。乾燥ひじきはストックできるので常に家にあるんです。

1品足りない時や、ちょっと食物繊維のものが足りない時、お弁当のおかずに使います。

うちで良く作っているひじきのレシピを紹介します。

 

注目しているひじきの整腸、美肌効果

食物繊維

食物繊維が豊富なため、お腹を整えてくれる働きがあります。

意識しないと食物繊維は、必要量を取れないんですよね。

わたしはレタスなどのサラダ菜はたくさん食べられないので、食物繊維を十分に摂れないことが多いんですよ。

なので、ひじきなどの海藻を料理にちょこちょこ入れるようにしてますよ。

ひじきを食べた日には、お腹の調子がいいんです。ひじきが腸のお掃除をしてくれているような感じがしませんか?

 

マグネシウム

骨や歯の健康維持する働きのほか、マグネシウムは体内の様々な代謝を補助する役割があります。

体内の酵素を活性化する働きがあります。体内の代謝を促し、代謝を上げてくれます。

マグネシウムは便をやわらかくするので、便秘の改善にも。

腸の働きが整うとお肌も綺麗になりますよ。

 

ひじきのおすすめレシピ

実際に良く作るメニューを紹介していします。

ひじきは煮物だけじゃなくて、サラダや炒め物に入れてもおいしいですよ。

ひじきのマカロニサラダ

4人前

ひじき 大さじ1杯

マカロニ 100g

玉ねぎ 半分

赤パプリカ 1/4個

黄色パプリカ 1/4個

オリーブオイル 小さじ3杯

マヨネーズ 大さじ2杯

マスタード 小さじ2杯

塩 ひとつまみ

こしょう 少々

ごま 小さじ2杯

 

玉ねぎ、パプリカは7ミリ角にカット。

沸騰したお湯に塩(分量外)を入れ、マカロニを茹でる。

茹で上がる1分前に、玉ねぎ、パプリカ、ひじきを一緒に茹でる。

茹で上がったらザルに開けて、水気を切り、ボールに入れる。

オリーブオイルで和える。

塩、胡椒、マヨネーズ、マスタード、ごまを和えたら出来上がり。

 

マカロニサラダって作りたては、マヨネーズがしっかり絡まって味見の時は美味しいけど、

食卓に出すときにはマヨネーズ感がなくなってしまいませんか。

茹で上がったマカロニに、先にオリーブオイルを和えておくと、マカロニがマヨネーズの水分を吸いにくくなるので、出来立てのマカロニサラダと同じ状態で食べられました。

ひじきは一年を通して、安定して手に入るので、食卓に定期的に取り入れています。

ひじきの煮物よりも、サラダや炒め物にいれると方が、調理が簡単なので取り入れやすいかなと思っています。

一般的な芽ひじきのほか、茎ひじきと食べ応えがあっておいしいですよ。

 

ここまで、読んでいただいてありがとうございます。

このblogをきっかけに、暮らしや食事について見直すきっかけになれば幸いです。

今後もよろしくお願いします。

mimi

-food

Copyright© みみろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.