food

冬は酒粕を使ったメニューで温活、美肌に。

こんにちは、mimiです。いつもありがとうございます。

だんだんと寒くなってきて、温まるものが食べたくなりますよね。

冬のうちの実家の定番メニューだった粕汁を紹介します。寒い日は、毎週のように酒粕を粕汁にして食べていました。

酒粕は体がほかほかに温まって、美容効果もあるんですよ。

 

粕汁は関東の人は食べない!?

関西出身の私。

冬は粕汁が当たり前と思って、夕食に作ったら、関東生まれの夫は初めてだったらしく、そして、粕汁は苦手と言われてしまいました。

冬場は週1度は粕汁を食べていたので、粕汁が全国的に食べられているものじゃないと知ってびっくり仰天でした。

 

粕汁はお出汁で炊いたお野菜に酒粕とお味噌を溶いた椀ものです。

どうやら、粕汁は関西の郷土料理だったみたいです。

 

粕汁、すごく美味しいので食べたことのない方は是非食べてみてください。

 

酒粕はどこに売ってる?

粕汁のメインの材料の酒粕は、スーパーに売っています。お酒のコーナーや豆腐や生麺の冷蔵コーナーに置かれていることが多いみたいです。

 

東京のスーパーでも売っていましたよ。

酒屋さんにも売っています。

 

今回は、近所のお漬物屋さんで酒粕を買いました。

 

使う酒粕によって、粕汁の味わいが変わりますよ。いろんな酒粕を試してみると、あなた好みの酒粕が見つかると思います。

 

 

酒粕は美容にもよく、冬に最適食材。

酒粕には、酵素が多く含まれていて、消化・吸収を助けてくれます。

食物繊維も豊富で便の排泄を助け、腸を綺麗にする働きがありますよ。

腸と肌は連携していて、腸が綺麗になれば、お肌も綺麗になりますよ。

 

酒粕は体を温めてくれるので温活にも。

私は冷え性なんですが、粕汁を食べた夜はからだがぽかぽか温まって、真冬の寒い夜も、ぐっすり眠れました。

あなたも、一度食べてもらったら実感できると思います。

 

粕汁の作り方

体ぽかぽか温まる鮭の粕汁

生鮭 2切(豚肉や鶏肉をいれてもおいしい)

こんにゃく 1/2枚

カブ 1個

にんじん 20g

かぼちゃ 50g

ネギ 適量

だし汁 800ml

酒粕 100g程(お好みで調整)

味噌  大さじ4杯程

 

お味噌汁を作る要領で、だし汁で具材を炊き、お味噌、酒粕をとかし入れたら出来上がり。

酒粕はお好みで量を調整してください。

たくさん入れるとお酒の香りが強くなって大人の味です。私は多い目でいつも作ります。

 

お味噌は、お味噌汁を作るときよりも少なめでOKです。酒粕自身にすごく旨味が出るのでお味噌は少なくても十分おいしいです。減塩になりますね。

 

美味しくて、簡単なので、冬のおすすめメニューです。

粕汁1品でメインのメニューになりますよ。野菜もたくさん摂れますし、減塩にもなりますね。

からだがほかほか温まりますよ。おまけに美容効果もあるなんて、嬉しい限りです。

是非、お試しあれ。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

このblogをきっかけに、暮らしや食事について見直すきっかけになれば幸いです。

今後もよろしくお願いします。

mimi

-food

Copyright© みみろぐ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.