広告 成城石井

毎日食べたい!【成城石井オリジナル】木綿豆腐と絹豆腐がおすすめです!

こんにちはmimiです。

成城石井の冷蔵コーナーに成城石井オリジナル商品の「豆腐」があるのはご存知でしょうか。

美味し過ぎて、一口でファンになったのでレビューします!

成城石井の木綿豆腐・絹豆腐のレビュー

こちらが、成城石井の「木綿豆腐」「絹豆腐」です。通常サイズとミニサイズが売られており、今日はミニサイズを買ってきました。

ミニサイズ、各171円(税抜・購入時)です。

一般的なスーパーの豆腐の値段と比べると、お高いですが、お値段以上でした。

絹豆腐はなめらかで大豆の甘みが強い!

まずは、絹豆腐を食べてみました。

お高い豆腐なので、冷奴というシンプルな食べ方でいただきます。kintoのお皿で高級豆腐をさらに引き立てます!

一口食べた瞬間に、大豆の甘み旨みが広がります。

甘味がとっても強い!

大豆の味が美味し過ぎて、お醤油なしでも、十分美味しい。

お次は醤油をかけていただきます。

お醤油は、フンドーキンの吉野杉樽天然醸造醤油を使いました。

美味し過ぎました!

お値段は張りますが、それ以上の美味しさ。リピート確定しました。

木綿豆腐は大豆がどっしりギュッと詰まってる!

こちらの木綿豆腐、今まで食べてきた豆腐の中でも、特にどっしりしたタイプ。島豆腐のようなぎっしり感!

この長方形の中に、入る最大限の大豆を詰め込んだと言っても過言でない!大豆がギュギュギューと詰まっています。こんなに、密度の濃い豆腐は初めてです。

とても食べ応えがありました。半分食べただけで、かなりお腹膨れます!満足感がすごいです。

写真で見ているだけでは、豆腐でお腹が膨れるわけないと思うかもしれません。食べてみるとわかります。

1個食べたら満腹です。

成城石井の木綿豆腐・絹豆腐の原材料

木綿豆腐・絹豆腐どちらも、

  • 大豆(国産)
  • 凝固剤(粗製海水塩化マグネシウム(にがり))

余計な添加物はなし。シンプルな原材料です。

大豆の産地は、秋田県産60%、北海道産40%です。

にがりは、伊豆大島海精にがりが使われています。

「伊豆大島海精にがり」って?

美味しい塩で有名な「海の精」も伊豆大島で作られています。海の精からにがりも販売されています。

家でお豆腐作る時に、これを使えば、成城石井風のお豆腐が作れますよ。

公式サイト

成城石井の木綿豆腐・絹豆腐の成分表示

木綿豆腐(100gあたり)

  • エネルギー 80kcal
  • タンパク質 7.0g
  • 脂質 4.9g
  • 炭水化物 1.5g
  • 食塩相当量 0g

絹豆腐(100gあたり)

  • エネルギー 62kcal
  • タンパク質 5.3g
  • 脂質 3.5g
  • 炭水化物 2.0g
  • 食塩相当量 0g

管理栄養士目線で成城石井の「木綿豆腐・絹豆腐」の嬉しいポイント

ゆる無添加生活におすすめ

原材料がシンプルなのがとても嬉しいポイント。

大豆は国産を使用しており、秋田県・北海道産と産地も明確で安心です。

凝固剤はにがりを使って固めているところもの本物の証。

無添加を意識されている方にはおすすめのお豆腐です。

少量で満足感が得られる

ダイエットしている方にとって、おすすめの豆腐です。絹豆腐は甘みが強く、木綿豆腐はどっしりと満腹感があります。

どちらのお豆腐も少量で満足できるため、食べ過ぎを防げます。

また、ミニサイズのお豆腐は1回量としてちょうどいいサイズ感なのも嬉しいポイントです。

まとめ

成城石井オリジナルのお豆腐は、大豆の旨みや甘みが強く、とっても美味しいです。

一口食べればファンになること間違いなし。

ぜひ、お試しあれ!

成城石井のおすすめ品をいろいろ紹介しています。

ぜひ、覗いてみてください。

業務スーパー で発見!オーケーストア常連が選ぶコスパ最強商品

続きを見る

-成城石井